仙台市太白区富沢の歯科、歯医者なら、あいざわ歯科クリニック富沢西

電話予約
初診WEB予約

コラム

コラム COLUMN

インプラントはメンテナンスが重要

皆さんこんにちは。

あいざわ歯科クリニック富沢西です。

 

インプラントは一般的な補綴治療とは異なり、外科手術があったり、骨が治癒する期間が必要であったりします。

 

そのため、治療には数ヶ月に及ぶ期間を要しますが、治療が完了したからといって終わりではありません。

 

実はインプラントというのは、人工歯根を埋め込むことと同じくらい、治療後のメンテナンスが重要となる治療なのです。

 

今回はそんなインプラントにおけるメンテナンスの重要性についてわかりやすく解説します。

 

インプラントは歯周疾患にかかりやすい

インプラントは、歯根から歯冠まですべて人工物で構成されているので虫歯になることはありません。

 

けれども、歯周疾患にかかることはあります。専門的には「インプラント周囲炎(ちししゅういえん)」と呼ばれるものです。

 

病気の名前にインプラントとついているくらいですから、インプラント特有の歯周疾患といえます。

 

これはインプラントが天然歯よりも汚れがたまりやすいことが原因となっています。

 

インプラントの故障にも要注意

インプラントは、噛み合わせが悪くなったり、ネジが緩んだりすることで、さまざまなトラブルを引き起こします。

 

そのため、人工歯根であるインプラントそのものはもちろんのこと、人工歯やそれらをつなぐアバットメントに異常が生じていないかを定期的に調べる必要があります。

 

そういう意味でもインプラントのメンテナンスは重要といえるのです。

 

メンテナンスでは何をするの?

インプラントのメンテナンスでは、上述したような人工歯根や上部構造に異常が生じていないかを調べます。

 

連結装置などが緩んでいる場合は、インプラント専用のドライバーでなければ調節することができません。

 

また、人工歯が欠けていたりしたら、作り直す必要も出てきます。

 

そうした不具合を放置すると、インプラントに大きな負担がかかることから十分な注意が必要です。

 

インプラントのクリーニング

インプラントのメンテナンスでは、上部構造やアバットメントの清掃なども行います。

 

これらには汚れが堆積しやすいので、定期的に取り除くことが大切です。

 

やはり、セルフケアだけではきれいな状態を保つのが難しいのです。

 

まとめ

このように、インプラントは治療が終わってからも気を抜かずに定期検診を受けていきましょう。

 

そうすることで、インプラントの寿命を5年10年と延ばしていくことも可能です。